interior

カラフル食器の先駆け バウアーポッタリー

via: //bauerpottery.com/

シンプルでカラフルな食器はインテリアとしてとしてはもちろん、料理を引き立てる役割も持っています。

カラフルな食器というと北欧のイメージですが、今回はシンプル&カラフルな食器の先駆け的存在であり、ラルフローレン氏も愛用しているメイドインUSAの食器ブランド、「BAUER POTTERY(バウアーポッタリー)」をご紹介します。

バウアーポッタリーとは?

20150417_02

BAUER POTTERY(バウアーポッタリー)は1885年にアメリカ、ケンタッキー州でJ.A.BAUER氏により設立された陶器メーカー。

創業当初は安価な素焼きのウィスキーボトルや水差しなどを製造していましたが、1909年にカルフォルニアに移転し、ガーデニング用陶器の製造を行うようになりました。

1929年に始まった世界恐慌を機に、「人々の気持ちを食卓や、毎日目にするものから少しでも明るく、楽しくしたい」という気持ちから、カラフルなソリッドカラーの釉薬とシンプルなテーブルウェアのデザインが出来上がり、それは恐慌で暗く落ち込んだ人々の間で瞬く間に普及し、人々に元気を与えました。

そうして「色鮮やかな陶器」のイメージを獲得したバウアーポッタリーでしたが、多くのメーカーに模倣され徐々に知名度が下がった結果1962年に廃業となりました。

1998年にコレクターにより復刻

廃業したバウアーポッタリーでしたが、1998年にコレクターであるJANEK BONIECK氏が商標を購入し、BAUER POTTERYを復刻させました。

同氏はBAUER POTTERYの伝統を忠実に再現するため、1930年当時の工場からわずか13キロメール離れた立地に工場を建設し、自身がコレクションしている3000点以上のバウアーポッタリーの陶器を見本に、当時の工法、デザイン、色を再現し製陶しています。

同氏の熱意によってBAUER POTTERYは再び世界各国から評価されるようになり、現在販売されている商品は全て1930年~1940年に製造された商品の復刻バージョンとなっています。

バウアーポッタリーの特徴

発色のいいビビットカラー

20150417_03

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

バウアーポッタリーの特徴は何といってもツヤのある赤や青、黄色といった発色のいいソリッドカラー。

この色はカルフォルニアで目にする太陽、海、シトラス畑、夕日などからヒントを得て作られています。

豊かなカリフォルニアの自然の色から生まれた、色鮮やかでポップなカラーバリエーションはBAUER POTTERYの魅力のひとつです。

丸みのあるシンプルで可愛いデザイン

20150417_04

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

デザインは日用使いを考慮された丸みのあるシンプルな可愛いデザイン。

BAUER POTTERYを象徴するデザインと言える波状のラインが程よく存在感を発揮しています。

この波状ラインは現在展開しているテーブルウエアにほとんど継承されているほど永く親しまれたデザインで、このシンプルなデザインがより発色の美しさを際立たせ、出しっぱなしでも「魅せる食器」となっています。

こだわりの製法

20150417_05

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

土は原産地にこだわり、アメリカの土をブレンドした良質な素材を使用し、耐水性を高めるために一度素焼きしてから色づけを行い、本焼きをするという手間のかかる昔ながらの製法でその美しい発色とツヤを表現しています。

20150417_06

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

商品ラインナップ

バウアーポッタリーではテーブルウェアからガーデニング用の商品を数多く展開しています。

日本ではテーブルウエアの展開が多く、大小様々な平皿やマグカップ、水差しやボウルなど30品以上の商品があり、カラーバリエーションも発色のいいビビットなカラーや、淡い色のパステルカラーもあるので、々なシチュエーションに合わせて選ぶことができます。

電子レンジ、食器洗い機にも対応しており、気軽に使用できるのも魅力です。

Dinnerware

20150417_07

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

Dinnerwareシリーズでは使い勝手のいいブレッドプレートや、大皿のディナープレート、プレートランチにピッタリのランチョンプレートなど、種類豊富に展開しています。

Bread Plate

20150417_08

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
2cm(高)×15cm(直径)
価格
3,400円

Dinner Plate

20150417_09

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
4cm(高)×28cm(直径)
価格
5,700円

Beverageware

20150417_08

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

Beverageware(ビバレッジウェア)シリーズではコーヒータイムにピッタリなカップ&ソーサー、コーヒーマグ、ウォータータンブラーなど、飲み物用食器を展開しています。Beverage(ビバレッジ)は飲み物の意味です。

Cup & Saucer

20150417_09

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
カップ:7cm(高)×8cm(直径)200ml(容量)、ソーサー:3cm(高)×16cm(直径)
価格
5,200円

Jumbo Cup

20150417_10

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
9cm(高)×10cm(直径)360ml(容量)
価格
5,500円

Bauer Classic Style Mixing Bowl

20150417_13

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

Bauer Classic Style Mixing Bowlシリーズは容量500mlの一番小さなサイズから、6リットルの大さいずまで、6種類のサイズにわかれたミキシングボウルを展開しています。

ミキシングボウルとは料理の下ごしらえで混ぜる場合などに使われる食器のことです。

ステンレスやプラスチックのミキシングボウルは馴染み深いのではないでしょうか。

バウアーポッタリーのミキシングボウルは下ごしらえ以外に、お茶碗や丼ぶりとしてもつかえそうです。

Bauer Classic Style Mixing Bowl #30

20150417_14

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
8cm(高)×14cm(直径)500ml(容量)
価格
5,300円

Bauer Classic Style Mixing Bowl #6

20150417_15

via: https://www.flickr.com/photos/bauerpottery

サイズ
16cm(高)×32cm(直径)6リットル(容量)
価格
12,300円

日本での店舗

Bauer Pottery Showroom Toyko

20150417_11

via: //bauerpottery.com/

20150417_12

via: //bauerpottery.com/

日本では東京にショールームがあります。
ワークを感じさせる工房らしいおしゃれな外観ですね。

住所:
〒111-0033 東京都台東区花川戸2-3-3
電話番号:
03-6231-7531

まとめ

バウアーポッタリーの食器は電子レンジや食器洗い機にも対応しているので日常の生活に取り入れることが出来ます。

日常使いのおしゃれな食器で毎日の食卓が華やぐのはもちろんのこと、復刻に至った経緯や、ロサンゼルスで昔ながらの伝統製陶されている背景を知るとますます愛着が沸く食器になるのではないでしょうか。

カラーもサイズも豊富なので自分の好きな1枚や、組み合わせで使っても楽しめます。

今はホワイトとネイビーのマリンカラーでそろえるのが人気だそう。

発色の美しさと温かみのある丸い質感が魅力的なBAUER POTTERYは母の日のギフトや大切な人への贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。

フランス製の自然の色を再現したJars / ジャスも魅力的ですが、発色のいいバウアーポッタリーも負けておらず、どちらも揃えたくなる食器ですね。

よろしければフォロー/シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

公開日:2015/04/17

最終更新日:   2017/07/04