fashion

カップルや夫婦でペアで着用して楽しめる!イマ旬な人気ペアウォッチを紹介

ペアウォッチ おすすめ

引用元:Pinterestより

カップルや夫婦でペアで着用してみませんか?イマおすすめの人気ペアウォッチ

カップルに人気のペアアイテムをおさらい

ペアルックの写真

引用元:Instagramより

友達やカップル、夫婦がお互いに同じものを身につけることは、心理学的にはミラーリング効果といい、「共感」「信頼感」「親近感」が得られ、より絆が深まるとされています。

ペアで同じものを身につけるというと代表的なのがペアルックではないでしょうか。

全く同じファッションをしたり、2つで1つの意味になるようなメッセージ性のある服を着用するペアルックは1960年代から80年代に流行し、バブル崩壊と共に衰退していきました。

しかし2015年頃からインスタグラムが流行し、お揃いコーデが’インスタ映え’で人気を集めたこともあり、再び人気となっています。

それでもまだまだペアルックは恥ずかしい、けど同じものを身に着けたいという人にはアクセサリーや靴、小物など、一部のファッションアイテムを合わせるリンクコーデがおすすめ。

その中でも腕時計はさりげなく同じものを身につけられることや、「同じ時を刻む」という意味が込められることから、人気のペアアイテムとなっています。

今回はペアウォッチについてまとめました。

カップリングアイテムの定番、ペアウォッチはいつ買う?

ペアウォッチの写真

引用元:Pinterestより

ペアウォッチは基本的にどちらかの誕生日やクリスマスにプレゼントするケースが多いようです。

カップルであれば付き合った記念日、夫婦であれば結婚記念日にペアウォッチを贈るのも素敵ですね。

「二人で一緒に選んだ」という記憶も思い出になるので、一緒に購入するのもおすすめです。

人気のペアウォッチ、気になる平均予算はいくら?

インターネット上で年齢ごとに人気の時計の価格帯を調べたところ、最近の高校生が着けている腕時計の相場は、およそ5,000円から30,000円となっています。

大学生になるとアルバイトをする学生の割合が増え、高校生と比べると購入する時計の価格帯も広がるため、相場は10,000円〜50,000円が多くなっています。

20代から30代の社会人の場合は、ある程度予算に融通がきくようになるので、安価なファッションウォッチから高級ブランドまで、幅広い選択肢の中から好みに合わせて購入しているようです。

ペアウォッチのプレゼント、あなたはどんな気持ちを込めますか?

ペアウォッチ イメージ写真

引用元:Pinterestより

腕時計をプレゼントすることにはさまざまな意味があるとされています。

一般的に言われている腕時計をプレゼントすることの意味は、「一緒の時間を共有して共に歩んでいきたい」というもの。

そのため大切な人から大切な人へのプレゼントとしては時計は最適のアイテムとなっています。

反対に、カップルでない男女間においてはプレゼントに時計を選ぶことは相手にとって重たい印象を与えるので、香水やアクセサリーと同様、避けたほうが良いとされています。

また、男性が女性にペアウォッチを贈る場合と、女性が男性にペアウォッチを贈る場合では若干意味が異なると言われています。

男性から女性にペアウォッチを贈るケース

男性が女性にペアウォッチを贈るのは、「同じ時を歩んでいこう」というロマンチックな意味の他、腕時計は仕事の時でも着用することから、離れているときでもお互いに頑張ろうという意味もあります。

また、腕時計は男性が身に着ける唯一のアクセサリーと言われるように、腕時計にこだわりを持つ男性も多く、腕時計を贈ることは相手に対して本気、誠実であることの意思表示でもあるようです。

女性から男性にペアウォッチを贈るケース

対して女性が男性にペアウォッチを贈るのは、いつも自分のことを思っていて欲しい、自分だけの人でいて欲しいという願望があるようです。

とはいえ、これらはあくまで世間一般的に言われている説にすぎません。

そこまで深い意味はなくても好きな人とお揃いなのが嬉しい、離れているときも繋がっている感じが良いというのが男女の共通認識であるようです。

人気のペアウォッチ 選ぶためのポイント

ペアウォッチ イメージ写真

引用元:Pinterestより

ペアウォッチは二人で身に着けるものなので、お互いの好みに合うデザインを選ぶことが大切です。

また、普段から気軽に使えなければペアウォッチの意味があまりないので、お互いが負担のない価格帯で使いやすいシンプルデザインを選ぶのがポイントです。

腕時計を使う状況に合ったデザイン、機能を選ぶことも長く使う上で重要となります。

【ペアウォッチ選びのポイント①】デザインで選ぶ

ペアウォッチに適した腕時計のデザインは、年齢を重ねても飽きずに身に着けられるような、シンプルなデザインが好まれています。

さらに、仕事でも使えるようなデザインであれば長時間身に着けることができ、腕時計を見ることでお互いを思い出すこともできるのでおすすめです。

すでに仕事用の時計を持っている場合は、休みの日のファッションに合うようなカジュアルなものやおしゃれなお出かけ用のペアウォッチを選び、身に着けてデートすると気分も上がります。

その際には、お互いの普段の服装に合うものを選ぶとよいでしょう。

【ペアウォッチ選びのポイント②】価格帯で選ぶ

ペアウォッチの全体の予算相場は、50,000円程度としている人が多いようです。

それ以上になると機械式腕時計という選択肢がでてきますがペアウォッチではクォーツ式を選ぶのがオススメです。

腕時計は機械式時計とクォーツ時計に分類され、一般的に機械式腕時計は高価で、作りが非常に繊細であるため扱いには注意が必要です。

また、動力がゼンマイであるため、ほぼ毎日着用しないと止まってしまったり、ぶつけて精度が狂ってしまうと高額なメンテナンスが必要になる場合もあります。

対して、クォーツ時計は電池を動力源とした腕時計で一般的に出回っている時計のほとんどがクォーツ時計となります。

電池を交換する手間はあるものの、クォーツ時計は機械式時計よりも軽く、耐久性の高い設計となっているため、衝撃や磁気にも強く、機械式に比べ安価であることが特徴です。

お互いが時計にこだわりが強い場合は機械式が良いかと思いますが、ペアウォッチはお互いが使ってこそ意味のあるものだと思いますので、実用性が高く、買いやすい価格帯の腕時計が多いクォーツ時計を選ぶのがペアウォッチではおすすめです。

【ペアウォッチ選びのポイント③】使う状況で選ぶ

ペアウォッチを選ぶ際にはお互いが時計を使用するシーンを考慮して選ぶのが大切です。

ビジネスシーンで付けるのであれば、派手なカラーのプラスチック時計のようなカジュアルすぎる時計は不向きなので、スーツスタイルを邪魔しないシンプルなものがよいでしょう。

プライベートで使うのであれば、お互いのファッションの好みにあったデザインのものを選ぶのがオススメです。

アウトドアやスポーツを好むカップルであれば防水性能や衝撃に強い腕時計がいいかもしれません。

お互いが普段から使いやすい腕時計を選ぶことで、お揃いのアイテムを身に着けながら楽しい時間を過ごすことができます。

ペアウォッチのデザインや価格帯選びで迷わない

引用元:Pinterestより

イマ人気のペアウォッチの価格帯

ペアウォッチの全体の予算相場は、2つ合わせて10,000円から50,000円程度となっています。

2つ合わせて10,000円以下のリーズナブルな価格帯では、CASIO(カシオ)から発売されている通称チープカシオが人気です。

10,000円から50,000円の間では

  • Daniel Wellington(ダニエルウェリントン)
  • Christian Paul(クリスチャンポール)
  • ICE WATCH(アイスウォッチ)
  • CLUSE(クルース)
  • MARC BY MARC JACOBS(マークジェイコブス)
  • DIESEL(ディーゼル)
  • NIXON(ニクソン)
  • TIMEX(タイメックス)
  • knot(ノット)
  • G-SHOCK、BABY-G(カシオ)

あたりがお洒落でコストパフォーマンスがよく、ペアウォッチとして人気があります。

100,000から200,000円と予算に余裕のある場合は、

  • SEIKO(セイコー ドルチェ&エクセリーヌ)
  • CITIZEN XC(シチズン クロスシー)
  • HAMILTON(ハミルトン)
  • GAGA MILANO(ガガ・ミラノ)
  • JUNGHANS Max Bill(ユンハンス マックス・ビル)
  • GUCCI(グッチ)

などが人気となっています。

リーズナブルな価格帯のペアウォッチ

CASIO(カシオ)

チープカシオ ペアウォッチ

引用元:Rakuten

日本の時計メーカーとして有名なCASIOが発売するリーズナブルな価格帯のスタンダードウォッチは消費者の間でチープカシオと呼ばれ、耐久性と時間の正確さ、価格の安さからカジュアルなペアウォッチとして人気があります。

特に人気のある品番はMQ-24-7B2LQ-139E-7ALQ-142E-1Aです。

シンプルな文字盤で見やすく軽いという点で評価が高い反面、安っぽい、樹脂製のバンドが薄く切れそう、という意見もあります。

また、カジュアルすぎるのでビジネスシーンや、フォーマルな場では使いにくい印象があります。

休日に気軽に使える時計としてはおすすめです。

お洒落でコスパが良いペアウォッチ

Daniel Wellington(ダニエルウェリントン)

ダニエルウェリントン ペアウォッチ

Daniel Wellingtonはクラシックでシンプルなデザインのスウェーデンの腕時計ブランドです。

価格はペアで25,000円から45,000円程。

カラフルなNATOベルトや、レザーベルトなど豊富なカラーのベルトを自分で付け替えることでフォーマル、カジュアルのどちらでも対応できるのが特徴です。

Christian Paul(クリスチャンポール)

Christian Paul

引用元:Rakuten

Christian Paulはマーブル模様の文字盤が特徴的なオーストラリア・シドニーのデザイナー腕時計ブランドです。

価格はペアで30,000円から40,000円程。

どちらかというとキレイめで女性らしいデザインなので男性は好みが分かれるかもしれません。

ICE WATCH(アイスウォッチ)

ICE WATCH

引用元:Rakuten

ICE WATCHはベルギー発のファッションウォッチブランドです。

カラフルな色とケース一体型のシリコンラバーブレスレットが特徴のカジュアルウォッチです。

価格はペアで20,000円から30,000円程。

お洒落でかわいい時計ですが、少し時間が分かりづらいという意見もあります。

CLUSE(クルース)

CLUSE

引用元:Rakuten

CLUSEはオランダ初のウォッチブランドです。

付け替え可能なベルト、シンプルな文字盤と、大理石模様の文字盤のデザインがあり、ダニエルウェリントンとクリスチャンポールを足して2で割ったような時計です。

安価な分、作りは少し雑です。

価格はペアで15,000円から25,000円程。

ベルトが付け替えられるシンプルな時計で、人と被りたくないという人にオススメです。

MARC JACOBS(マークジェイコブス)

MARC JACOBS 時計

引用元:Rakuten

ルイヴィトンのデザイナーとしても有名なマーク ジェイコブス氏が手がけるブランドです。

デザイン性が高く、ひと目でマークジェイコブスとわかる可愛いデザインが、幅広い年代の女性に愛されています。

価格はペアで50,000円から60,000円程。

若者に人気のあったセカンドラインであるマークバイマーク ジェイコブスがなくなってしまったので予算が高くなってしまうのがデメリット。

DIESEL(ディーゼル)

DIESEL 時計

引用元:Rakuten

DIESELはイタリアのファッションブランドです。

時計では男心をくすぐる少し奇抜なデザインと、大きくゴツゴツしたフェイスが学生を中心とした若い男性に人気があります。

価格はペアで15,000円から50,000円程。

フォーマルには不向きで、重たいのがデメリットですが、男性がDIESEL好きで、女性が男性にペアウォッチを贈りたいのあればオススメです。

NIXON(ニクソン)

nixon タイムテラー

引用元:Rakuten

NIXONはサーフ、スケート、スノーの3Sスポーツをする人達のために作られたアメリカの腕時計ブランドです。

機能、価格、デザインも様々で、10万円を超える高級機種、サーフ向けの完全防水機能をもつ機種、個性的なデザインの機種などラインナップが豊富なこともニクソンの特徴です。

タイムテラーシリーズが安価で、ペアウォッチとして人気ですが、傷が付きやすく、おもちゃっぽいという意見もあります。

価格はペアで10,000円から30,000円程。

TIMEX(タイメックス)

timex

引用元:Rakuten

TIMEXは一般人でも手に入る時計を作るべきというコンセプトの全米のシェアトップのアメリカの腕時計ブランドです。

クロノグラフ、レザー、カジュアル、ミリタリー、スポーツなど、多くのラインナップがあり、低価格でありながら高品質な腕時計を展開しています。

レザーベルトや、カラフルなNATOストラップといったベルトのみの販売もあるのでカスタマイズして使う楽しみもあります。

文字盤にLEDのバックライトが付いており、暗闇でも時間を確認することができる機能性の高さも売りです。

ペアウォッチとしてはウィークエンダーシリーズがレトロ感のあるデザインで人気があります。

価格はペアで10,000円から20,000円程。

唯一の欠点は、秒針が動くたびに常に時計からカチッカチッカチッという音がするため、静かな場所では少しうるさく感じることでしょうか。

knot(ノット)

knot 時計

引用元:Maker’s Watch Knot

knotは日本の腕時計ブランド。

日本製にこだわり、フェイス、ベルトの種類、バックルカラーを好きなように組み合わせて10,000通り以上の中から自分だけの時計をカスタムオーダーできます。

価格はクォーツ式だとペアで40,000円から50,000円程。

組み合わせが多いので選ぶのが楽しい反面、実店舗が少なく、ネットだけでは中々イメージがし辛いのと、組み合わせるには少しセンスが必要です。

G-SHOCK、BABY-G(カシオ)

G-SHOCK Baby-G

引用元:Rakuten

G-SHOCK、BABY-Gはカシオが販売する腕時計です。

3階の高さから落としても、トラックで踏み潰しても壊れない堅牢性の高さが人気で、世界中の兵士や消防士の人々にも愛用されているようです。

価格はペアで20,000円から50,000円程。

ゴツゴツとしたデザインが好みが分かれるところですが、少々雑に扱ってもビクともしないタフさが、アウトドアやスポーツが好きなカップルに人気です。

価格帯が高価なブランドのペアウォッチ

SEIKO(セイコー ドルチェ&エクセリーヌ)

SEIKO(セイコー ドルチェ&エクセリーヌ)

引用元:Rakuten

ドルチェ&エクセリーヌは日本を代表する時計ブランドSEIKOが展開するペアウォッチシリーズです。

「二人の時間と、自分らしさをスマートに演出するスタイリッシュなドレスウォッチ」をコンセプトに、上品で長く使える大人のペアウォッチを展開しています。

ソーラー電波で電池が不要で、ダイヤモンドをあしらったラグジュアリーなモデルもあります。

価格はペアで200,000円から300,000円程。

ドレスウォッチというように日常使いというよりはフォーマルシーンやパーティシーンで映えるペアウォッチです。

CITIZEN XC(シチズン クロスシー)

CITIZEN XC(シチズン クロスシー)

引用元:Rakuten

クロスシーは日本の時計メーカーCITIZENが展開する「本当にいいもの」を求める大人の女性たちをターゲットにしたシリーズ。

シルバーやピンクゴールドのカラーといった女性らしいエレガントでかわいいデザインが特徴です。

価格はペアで80,000円から200,000円程。

ソーラー電波で電池が不要で、電波で自動で時刻を合わせてくれる機能があるモデルもありますが、その分、故障した際の修理費用は高めです。

HAMILTON(ハミルトン)

HAMILTON

引用元:Rakuten

ハミルトンはアメリカ発祥の時計ブランドで、現在はスイスのスウォッチ・グループ傘下にあります。

フェイスの独特な形状が特徴のベンチュラ、ビジネスウォッチとして定番のジャスマスター、ミリタリーデザインのカーキフィールドがペアウォッチとして人気があります。

価格はペアで100,000円から200,000円程。

ベンチュラはクォーツ式、ジャスマスターは機械式自動巻とクォーツ式、カーキフィールドは機械式手巻となっています。

GAGA MILANO(ガガ・ミラノ)

gaga milano

引用元:Rakuten

ガガ・ミラノはイタリアのデザインウォッチブランドです。

遊び心のあるポップでアートなフェイスのデザインが特徴で、有名人にも愛用者の多い時計です。

価格はペアで100,000円から200,000円程。

かなり存在感のある時計なので、個性的なファッションを好むカップルや、シンプルコーデのワンポイントに付けるのもオススメです。

その分、フォーマルやビジネスでは使いづらいかもしれません。

JUNGHANS Max Bill(ユンハンス)

JUNGHANS Max Bill

引用元:Rakuten

ユンハンスはドイツの時計ブランドです。

代表モデルのマックス・ビルは、ミニマルを追求した上品でヴィンテージ感の漂う文字盤のデザインが特徴です。

建築、画、彫刻など、様々な分野で活躍したクリエーターであるマックス・ビル氏が出掛けたその時計の「造形美」に魅了される人は少なくありません。

価格はペアで200,000円から300,000円程。

最大の難点はフェイスがプレキシガラスのため、傷が付きやすく、割れ易い点。

GUCCI(グッチ)

GUCCI Gタイムレス

引用元:Rakuten

GUCCIは誰もが知っているイタリアのファッションブランドですね。

バッグ・靴・財布などの皮革商品が有名で、シンプルで高級感のあるデザインから遊びココロのあるデザインまで幅広いラインナップが特徴です。

ペアウォッチで人気なのがクラシックなエレガントさを持ちつつもスタイリッシュなデザインに仕上げたGタイムレスシリーズ。

価格はペアで200,000円から600,000円程。

個人的にオススメなペアウォッチブランドはダニエルウェリントン

ダニエルウェリントン ペアウォッチ

引用元:Pinterestより

既に使用しているからという理由もありますが、個人的にペアウォッチとしてオススメなのはダニエルウェリントンです。

各ブランドにもそれぞれ良い点がありますが、ペアウォッチとして、「長く」「様々なシーンで」「気軽に」使いたいという点をダニエルウェリントンはクリアしているからです。

ダニエル・ウェリントンのペアウォッチが大人気の理由

ダニエルウェリントン ペアウォッチ

引用元:Pinterestより

【DWペアウォッチ人気の秘密①】男女問わず使えるシンプルなデザインの文字盤

ダニエルウェリントン シンプルな文字盤

引用元:Pinterestより

ダニエルウェリントンの文字盤のデザインは時刻を示す「インデックス」と「ロゴマーク」のみのシンプルなユニセックスデザインです。

個性的なデザインや、流行りのデザインは購入したときの満足感は高いものの、いざ実際使ってみるとしっくりこなかったり、何年も経つと自分に合わなくなって結局使わなくなったというのは一度は経験したことがあるかとおもいます。

先述のようにペアウォッチとして長く使うにはデザインは極力シンプルな方が流行りに影響されず使いやすいです。

【DWペアウォッチ人気の秘密②】男性・女性の手にもちょうど良いサイズ感

ダニエルウェリントン 男性・女性の手にもちょうど良いサイズ感

引用元:Pinterestより

文字盤のサイズは数mm違うだけで着用した際の印象やバランスが大きく異なります。

多くのブランドのペアウォッチはメンズサイズ、レディースサイズの2種類が多く、自分、相手にピッタリ合うサイズを選ぶことが難しくなっています。
 
ダニエルウェリントンの文字盤のサイズは、2018年10月時点で28mm、32mm、34mm、36mm、38mm、40mmの6種類があります。

6種類の中からそれぞれがぴったりのサイズを見つけられるのもダニエルウェリントンをがペアウォッチとして人気である理由です。

【DWペアウォッチ人気の秘密③】抜群の薄さ&軽さ

毎日、長時間身につける腕時計だからこそ軽さは重要な要素です。

ダニエルウェリントンのケースの厚さは6mm(Dapperシリーズのみ7mm)と薄く、重さは1番大きなClassicシリーズの40mmでも29gと軽量です。

レザーストラップを着けた40mmでも40g未満と、着用時の疲れにくさも魅力です。

【DWペアウォッチ人気の秘密④】ベルトを自由自在にカスタマイズできる

ダニエルウェリントン ベルトを自由自在にカスタマイズ

引用元:Pinterestより

上品なレザーベルトでキレイめに、カラフルなナイロンストラップでカジュアルに、といったように気分やシーンに合わせて自分好みのスタイルに変えられるのがダニエルウェリントンの最大の特徴です。

ベルトを変えられる時計ブランドは他にもありますが、ナイロンストラップを用意してくれているブランドはなかなかありません。

ちなみにこのナイロンストラップこそ、ダニエルウェリントンが誕生したきっかけでもあります。

【DWペアウォッチ人気の秘密⑤】メンズコーデにも映えるデザイン

ダニエルウェリントン メンズコーデにも映えるデザイン

引用元:Pinterestより

ダニエルウェリントンはシンプルな文字盤とベルトの組み合わせによりオンオフ問わず男性にも使いやすいデザインです。

購入しやすい価格帯のペアウォッチはカジュアルなデザインが多く、フォーマルやビジネスシーンでは男性には使いにくい印象があります。

男性のスーツスタイルに合う時計となると価格が高くなる傾向がありますが、ダニエルウェリントンは革ベルトにすることでスーツとの相性も良いので、ビジネスシーンでダニエルウェリントンを着用している男性を見かける事も多くなっています。

【DWペアウォッチ人気の秘密⑦】レディースコーデをワンランク引き上げる引き立て役

ダニエルウェリントン レディースコーデ

引用元:Pinterestより

時計自体のデザインが可愛くても、自分のファッションに合わないと中々使いづらいですよね。

文字盤のサイズとベルトの組み合わせが豊富なダニエルウェリントンはどんなファッションにも合わせやすい時計として高い評価を受けています。

女性の場合、男性と比べてファッションのスタイルが多いので、いろいろな使い方ができるのは嬉しいですね。

服装に合わせて文字盤のサイズやベルトの種類を選ぶことでコーデのまとめ役、コーデの主役、コーデの外しとしても使うこともできます。

【DWペアウォッチ人気の秘密⑧】2〜3万円で買えるリーズナブルな価格帯

一般的に、何十万円もする高級時計は毎日気軽に使うという点においてはペアウォッチには不向きかと思います。

ダニエルウェリントンは36mmの標準モデルが22,000円程、40mmモデルが24,000円程なので、普段使いとしても最適な価格帯です。

さりとて安すぎるということもないので、高校生から社会人まで幅広い年代の人が使いやすいのが人気の秘密です。

ダニエルウェリントンのペアウォッチ購入には正規販売店へ!

ダニエルウェリントンの店舗

【ダニエルウェリントンのペアウォッチが買える場所1】実店舗

2018年11月現在、日本では仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、福岡に20店舗の直営店を含む400店舗近い数の正規販売店があります。

実際に手にとって着用感やサイズ感を確認したり、店員さんと相談しながら購入できるのが実店舗のメリットですね。

ただ、実店舗には直接足を運ぶ労力が必要であるのと、在庫切れなどのデメリットもあります。

また、正規販売店以外の店舗もあるため、安く販売されている場合は偽物の可能性もあるため注意が必要です。

【ダニエルウェリントンのペアウォッチが買える場所2】ダニエルウェリントン正規取扱店

インターネットでダニエルウェリントンの正規品を販売しているサイトは、ダニエルウェリントンの代理店である株式会社ビヨンクールが運営する

  • Jジュエリーコネクション
  • エイチエムエス ウォッチストア

ショッピングモールでは

  • Beyond Cool楽天市場店
  • Beyond Coolヤフーショッピング店

その他正規販売店が運営しているオンラインストア(ユナイテッドアローズ、オンタイムなど)がネット通販での正規販売店になります。

近くに店舗がなくても、いつでも好きな時間に商品を納得がいくまで比較し、購入できるのがネット通販のメリット。

ただし、上記以外のamazonや楽天、Yahooショッピングモールで売られているダニエルウェリントンは多くが並行輸入品であり、中には偽物が混在している可能性もあるため、いくら安いといっても購入には注意が必要です。

【ダニエルウェリントンのペアウォッチが買える場所3】ダニエルウェリントン公式サイト

少しでもお得に本物を購入したいのであればダニエルウェリントンが運営している公式サイトで購入するのがおすすめです。

海外のブランドですが、商品は日本国内からヤマト運輸で配送されるので、安心して利用できます。

ダニエルウェリントンのクーポンコードについて

現在公式サイトではオンライン特別ディスカウントとして、20%OFF購入でき、クーポンを使用することでさらに15%OFFになるので、正規販売価格の32%OFFの値段で購入できます。

割引クーポンコードを使うことで表示価格から大幅割引で買える!

ダニエルウェリントン公式サイトでは購入時にクーポン入力欄に「 flap 」と入力することで大幅な割引になります。

また、定期的にキャンペーンが開催されているので、クーポンと合わせることで大幅値引きで購入することもできます。

公式サイトなら受け取り30日以内の返品が送料無料!

イメージと違ったなどの理由で返品したいと思っても購入者都合の返品はできないお店は多く、返品できたとしても返品送料は購入者が負担するケースがほとんどです。

ダニエルウェリントンの公式サイトでは、新品未使用の状態であれば30日以内であれば理由を問わず返品することができます。

しかも返品の際の送料が無料です。

ただし、返品送料が有料になる場合もあるようなので、返品する際は念のため問い合わせをしたほうが良いかもしれません。

お客様は30日以内に購入をキャンセルする権利があります。
この権利は、商品とそのパッケージが、商品お受け取り時と同じ状態で返却された場合に適用されます。
お客様が商品を返却する場合は、商品の返却先をダニエル・ウェリントンに問い合わせる必要があります。
返送料は、ダニエル・ウェリントンが負担します。お住まいの地域で郵便サービスによる返送を利用できない場合は、返送料はお客様の負担になる場合があります。

引用元:ダニエルウェリントン利用規約より

まとめ

引用元:Pinterestより

今回は旬な人気ペアウォッチについて紹介しました。

ペアウォッチはお互いが長く、様々なシーンで、気軽に使えるものを選ぶのがおすすめ。

沢山ありすぎてどれがいいか迷ってしまいますが、なにより大切なのは時計を二人で選んだ時間や、時計を着用して一緒に過ごす時間です。

是非自分たちのスタイルに合ったペアウォッチを探してみてください。

よろしければフォロー/シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

公開日:2018/11/29