fashion

春に履きたい王道スニーカー、スタンスミス

今春流行の白スニーカー。上品なコーディネートに重宝する、世界で一番売れているスニーカー「スタンスミス」はいかがでしょうか?

いまさら聞けないアディダスのスタンスミスとは?

1965年にadidas Originals(アディダス オリジナルス)が初のオールレザー・テニスシューズとして発売し、1970年代にスタンスミスの名前がつけられました。

「スタン・スミス」と言う名前は1960年代後半から1970年代前半にかけて活躍したアメリカのテニスプレーヤーの名前で、そのままスニーカーに使用しています。

スタン・スミスは世界で一番売れたスニーカーとしてギネスにも記録されています。

2014年1月に2年ぶりに復刻され瞬く間に完売になるほど現在でもその人気の高さが伺え、2015年には新しくリニューアルモデルとして素材の変更されたスタンスミスが販売されています。

デザインの特徴

アディダスのロゴアイコンが描かれた「ヒール」のグリーンと、「シュータン」に描かれたスタンスミス氏の顔がトレードマークとなっています。

20150316_5

3列のパーフォレーション(通気穴)が同じパターンでスリーストライプスを表現し、シュータンに描かれたアイコニックなスタン・スミスのポートレートと並びシューズのトレードマークになっている。

via:adidas

一言で言えばアッパーにレザーを使用し、シンプルなスニーカー(テニスシューズ)ですが、そのシンプルで完成されたデザインが今もなお根強い人気となっています。

ちなみにアディダスの三つ葉マークは1972年に、本物と偽者のアディダスプロダクトを見分けられるように、3枚の葉をデザインしたのが起源となっており、楓の葉のように思われがちですが、本来はシロツメクサ属の植物だそうです。

20150316_4

2014年復刻版と2015年リニューアル版との違い

復刻版とリニューアル版との大きな違いは3点。

1つは復刻版は「ヒールタブ」(かかと部分)が艶のないスエードなのに対し、リニューアル版はヴィンテージと同じ艶のあるスムースレザーを使用している点。

もう1つは復刻版はアッパーが従来のレザーなのに対し、リニューアル版は「ガラスレザー」という光沢のあるレザーを採用している点。

そして復刻版はソールがアッパーと同色系なのに対し、リニューアル版のソールはアッパーよりも暗めのオフホワイトを使用している点です。

2014年復刻版スタンスミス

20150316_8

20150316_7

ヒールタブ:
スエード
アッパー:
レザー
ソール:
アッパーと同色系のオフホワイト
価格:
¥14,040 (税込)

2015年リニューアル版スタンスミス

20150316_2

20150316_3

ヒールタブ:
スムースレザー
アッパー:
ガラスレザー(光沢のあるレザー)
ソール:
アッパーより暗めのオフホワイト
価格:
¥15,120 (税込)

2015年のリニューアル版は復刻版よりもヴィンテージを意識したつくりとなっており、その中でアッパーに光沢のあるレザーを採用することで上品さと高級感をプラスしているようです。

アッパーの光沢は好みが分かれそうですが、キレイ目なパンツとの相性もよく、履きこんでいくうちに味がでてきてよりヴィンテージらしく変化していきます。

まとめ

スタンスミスの飽きのこないシンプルなデザインは様々なファッションにあわせやすく、一足持っておくと重宝するスニーカーです。

リニューアル版は復刻版よりもよりヴィンテージライクな仕上がりとなっていて、同時に上品さもプラス。

2015年春のトレンドでもある「白スニーカー」として上品なコーディネートにもピッタリのスニーカーとなっています。

よろしければフォロー/シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

公開日:2015/03/16

最終更新日:   2017/07/04